夜專門の求人情報誌を活用して好きな仕事を探そう

働く前に把握する

タクシードライバーになるための知識

タクシードライバーになるには、普通自動車第2種免許が必要です。第2種自動車免許を取得するには、普通自動車免許を取得してから3年以上経ってなければならないので、普通自動車免許を取得できるのは18歳以上のため、プラス3年経たないと第2種自動車免許は取得できないので、最低でも21歳から働けることになります。また、東京都特別区、武三交通圏の区域では地理試験を受けて合格しないとタクシードライバーにはなれません。地理試験問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など筆記試験により40問出題され、合格基準は32問以上の正解で合格となります。また、第2種自動車免許を取得するには21歳からなので必然的にタクシードライバーは21歳からできるのです。

タクシードライバーの働き方や使命

タクシードライバーは、まずアルコール検査を行わなければいけません。この検査で異常があると乗務ができません。あと、車両点検をします。事故を起こさず、安全第一でお客様を無事目的地まで送るためには車両点検は大事なことです。その後は、運行管理者と点呼を行います。安全の為の注意事項、連絡事項などの確認、お客様に対する接客項目のチェックを行います。タクシードライバーの勤務時間はとても長いので休憩時間というのは必須であります。売り上げを上げたくてもタクシードライバーとして長く働くには休憩というのはとても大事になってきます。タクシードライバーはサービス業でもあるので、お客様に心地よい雰囲気であると思われるため、毎日洗車をしなければなりません。

Copyright© 2015 理想の仕事に就くために、調べておきたい求人サイト All Rights Reserved.